夏の暑さ・冬の寒さを徹底的にシャットアウト|今時の知ってて得する話|エコ住宅暮らしを始めよう!|京葉地区の不動産なら京葉リネット!市川・船橋・習志野・千葉市花見川区の不動産情報

今時の知ってて得する話

夏の暑さ・冬の寒さを徹底的にシャットアウト

真冬に、窓をきちんと閉めているはずなのに冷気を感じることはありませんか?
例え窓を閉め切っていても、アルミサッシや1枚ガラスの窓は熱伝導率が高いため、熱が入ったり逃げたりしています。そのため、エアコンの効率が落ちて必要以上のエネルギーと電気代がかかる結果になってしまうのです。
窓の断熱効果が低いと、夏場のじめじめとした湿気や冬場の結露の原因にもなってしまいます。そこで頼りになるのが、高い断熱効果のあるエコガラスや窓枠。エコガラスとは高性能の複層ガラスで、エコガラスに熱伝導の低い窓ガラスを組み合わせることで断熱効果がアップするのです。
マンションのリフォームの場合、窓枠を取り替えるのは難しいケースがあるかもしれませんが、そんな時は打ち窓を取り付けて二重窓にしたり、ガラスだけを取り替えたりするだけでも断熱効果がありますよ。

新築
リフォーム
におすすめ!

断熱効果のあるガラスと窓枠を組み合わせる

断熱窓に使用されるガラスは、2枚のガラスを合わせたエコガラス。ガラスとガラスの間にある空気層が熱を遮って、夏は外からの熱を通しにくく、冬は室内の温かさを逃がしにくくする仕組みです。
窓枠の材料も、断熱効果を左右します。アルミ製の窓枠は軽くてリーズナブルですが、熱を逃がしやすいのがネック。反対に、木製の窓枠はコストがかかるのですが高い断熱効果が得られます。樹脂製の窓枠の場合、断熱効果はアルミと木のほぼ中間です。
断熱窓の種類は住んでいる地域や建物の方角によって適しているものとそうでないものがありますから、メーカーに問い合わせてみると良いでしょう。

リフォーム
今の住まい
におすすめ!

既存のガラスをエコガラスに取り替える

窓枠はそのままで、窓ガラスをエコガラスに取り替えるだけという方法もあります。
ただしエコガラスは従来のガラスよりも厚みがあるため、今ある窓枠では対応できない可能性も。最近では既存の窓枠に合うよう、厚みのないタイプのエコガラスも販売されているのでメーカーに確認してみてはいかがでしょうか。

リフォーム
今の住まい
におすすめ!

エコガラスを内窓として取り付ける

1枚のガラス窓に、専用のアタッチメントを使ってエコガラスを取り付け、二重窓にする方法です。
既存の窓枠の上から覆い被せるように、エコガラスを内窓として取り付けます。これなら窓枠のタイプを選ばず、断熱窓にすることが可能です。

次のページでは「太陽光発電」について紹介します。

リネットタウン幕張27期販売開始しました。