冬の冷た~い空気をどうにかしたい!|今時の知ってて得する話|エコ住宅暮らしを始めよう!|京葉地区の不動産なら京葉リネット!市川・船橋・習志野・千葉市花見川区の不動産情報

今時の知ってて得する話

冬の冷た~い空気をどうにかしたい!

リビングに吹抜けや階段がある開放的な間取り。空間が広々と見える反面、冬になると寒さが辛い……というケースもあるようです。
寒さを感じる原因は空気の流れにあります。1階のエアコンで室温を温めても、暖気は上へ上昇してしまうため、吹抜けや階段の2階部分ばかり温まって、1階のリビングは寒いままになってしまうのです。

リビングの吹抜け・階段の寒さ対策は、床暖房で足元を温めたり、窓の一や断熱材を工夫したりすることで解決することもあります。特に最近は住宅の高気密化が進み、寒さ知らずの住まいも増えているようです。

冬の寒さが気がかりなリビングの吹抜け・階段ですが、冬を除く春夏秋シーズンは快適そのもので、人気のある間取りです。寒さが気になる方は、お住まいの地域の気候の特徴や施工方法などについて、事前に設計会社と相談しておきましょう。

新築
リフォーム
におすすめ!

吹抜けにはシーリングファンを組み合わせて!

冬のリビングの吹抜けは、温かい空気が天井付近にこもり、足元には冷たい空気が降りてきてしまいがち。これを解決してくれるのが「シーリングファン」と呼ばれる天井扇です。
エアコンのスイッチと同時にシーリングファンを回転させると、上下の空気が混ざり合って温度差がなくなり、リビング全体が効率よく温まります。
新築で、リビングに吹抜けを配置する予定であれば、できればシーリングファンをセットで取り付けると良いでしょう。シーリングファンを取り付けない場合でも、扇風機やサークレーターを使って空気を循環させるとエアコンの効率が上がります。

新築
リフォーム
今の住まい
におすすめ!

布を使って階段まわりの冷気を防ぐ

吹抜けと同様に、冬に寒さを感じやすい場所といえば階段です。階段が廊下にあれば寒さはそれほど気になりませんが、リビングに階段を配置する「リビングイン階段」の間取りの場合、リビングで家族がくつろいでいる時に肌寒さを感じてしまうことも……。
そのため、冬になったら階段の出入り口に布やカーテンをかけて、温かい空気が2階に上っていくのを防ぐと良いでしょう。蹴込み板のない透かし階段なら、階段裏に布をはると隙間から空気が逃げにくくなりますよ。布やカーテンの柄にもこだわって冬の室内をおしゃれにコーディネートしてみてください。

次のページでは「水まわり」について説明します。

リネットタウン幕張27期販売開始しました。