どちらを選ぶ?内断熱or外断熱|今時の知ってて得する話|エコ住宅暮らしを始めよう!|京葉地区の不動産なら京葉リネット!市川・船橋・習志野・千葉市花見川区の不動産情報

今時の知ってて得する話

どちらを選ぶ?内断熱or外断熱

外気温の影響から住宅を守る断熱材には、エアコンの効率を上げて余分なエネルギーを抑える効果があります。
新築住宅には断熱材を入れるのが一般的ですが、「内断熱」と「外断熱」のどちらの工法を選ぼうかと迷っている人も多いのではないでしょうか。
内断熱は構造物(柱など)と構造物の間にグラスウールなどの素材を充填する工法で、外断熱は住宅の外側をポリスチレンフォームやウレタンなどの素材で魔法瓶のようにすっぽり包み込んでしまう工法です。
現在の日本の住宅は、内断熱を採用しているケースがほとんどです。内断熱は低コストで済ませられるというメリットがありますが、経年劣化により断熱効果が落ちる場合があるとされています。一方、外断熱は内断熱よりも機密性が高いのですが、コストが割高です。
とはいえ両者の断熱効果は設計や施工方法、気候、立地条件などによって大きく変化しますから、どちらがすぐれているとは言い切れません。

新築
リフォーム
におすすめ!

まずは住まいのプロに相談を!

新築やリフォームの場合は、まず設計会社や施工会社に内断熱と外断熱のどちらが良いか相談してみてください。
その理由は、上でも述べように内断熱と外断熱の効果は設計や施工方法が大きく関わっているため、プロのアドバイスを受けて慎重に判断する必要があるからです。
内断熱と外断熱の工法だけではなく、断熱材の種類にもさまざまなものがあります。性能や費用を確かめてから、納得がいくものを選ぶようにしましょう。

新築
リフォーム
今の住まい
におすすめ!

市販の断熱シートを使う

手軽に断熱効果を上げる手段として、市販の断熱シートを利用してみるのもおすすめです。
足元の冷気を防いでくれるだけでなく、電気カーペットの下に敷けば熱を逃がさないので、設定温度を低くしても温かさを感じることができます。家族の集まるリビングなど、温かくしたい場所にピンポイントで使用できるのも断熱シートの魅力といえます。
断熱シートは室内の温かな空気を閉じこめてくれますが、その性質上、湿気が溜まりやすくなってしまうデメリットがあります。特に敷き布団の下に敷くと寝汗で蒸れやすいので、除湿マットなどを併用して湿気を取り除いてください。

次のページでは「窓」について紹介します。

リネットタウン幕張27期販売開始しました。